人気のトリキュラーを徹底解説

何故トリキュラーは人気があるのか?

低用量ピルとして販売されている製品のうち、日本の女性に特に人気がある製品となっているのが「トリキュラー」と呼ばれる製品ですが、この製品に人気が集まっているのはなぜなのでしょうか。
トリキュラーに人気が集まる理由としてまず考えられるのは、他の低用量ピルと比べて身体への負担が少ないことです。
トリキュラーは低用量ピルの中では三相性ピルに分類される製品の一つで、1シートにおいて卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤の含有量が3段階に分かれています。女性のホルモンバランスは日ごとに変化するため、それにあわせて錠剤を飲めるように含有量を調整することで、不正出血や消退出血が起こるリスクを少なくしながら、避妊効果を得ることが可能になっています。
三相性ピルを利用して避妊する場合は正しい順番で錠剤を服用しなければ、避妊効果が減少したり、副作用の症状が出るリスクが高まりますが、現在製造されているトリキュラーはすべて、錠剤を服用する順番がシートを見ればわかるようになっているため、デメリットを意識することなく飲み続けていくことが可能です。
トリキュラーは、錠剤の飲み間違いについての対策だけでなく、飲み忘れに対する配慮もなされており、これも人気を集めている理由といえます。
低用量ピルは、生理初日から21日間は毎日服用し、翌日から7日間は休薬するというサイクルで使用するのが一般的ですが、使用者の中には休薬期間を勘違いして、次のシートの1錠目を飲み始める日が本来飲み始める日より前後してしまうことがあります。
トリキュラーではこのようなことが起きるのが心配な人のために、本来服用する21錠に加えて、偽薬7錠分を加えた28錠で1シート分となっているタイプも販売しています。
28錠タイプであれば、1シート分の服用をすべて終えたら、翌日から次のシートの錠剤を服用していけば良いため、スケジュール管理が楽になります。

トリキュラーは初心者でも使いやすいピル

まず、トリキュラーとは。
女性の体の中の黄体ホルモンと卵胞ホルモンに働きをかけ変化を起こす一種のホルモン剤です。
通常、正しく服用すれば避妊に非常に有効とされる日本では名の知られている低容量ピルです。
自然なホルモンバランスを保ち、分泌パターンに近づけることで月経周期を一定にします。
初心者でも使いやすいところとしては、毎日自分で決めた一定の時刻に定められた順番に1錠づつ錠剤を服用します。
これだけです。
トリキュラーにはトリキュラー21と28があります。
21は21日間服用し、7間服用をお休みする休薬ものです。それに対し28は28日間途切れることなく服用していくものです。
21タイプは自分で次回服用する日を把握する必要がありますが、28タイプは7間成分の含まれていない偽薬がついており初心者には飲み忘れを防止する為にも28タイプがおススメです。
偽薬の目的は服用の習慣を身に着ける為だったり休薬何日目かを把握するものであり体に影響はありません。
シートは名刺サイズのもので持ち運ぶのに便利です。開始から1~28と数字がふってあり矢印もついています。また人によっては月経の周期を変更したい、曜日感覚が薄い、という人のために何曜日に飲み始めたかを変えて貼っておけるシールがついています。このシールを貼ることがとても重要です。
飲み忘れてしまっても24時間以内に忘れた分を服用すれば大丈夫です。
その辺も簡単で安心できるところです。
一度習慣化してしまえば忘れることもなくなります。それまでは体とともに慣れないこともあるでしょう。
トリキュラーは比較的日本人向けで服用しやすいと言われています。正しく服用すれば問題なく有効な効果が得られます。

トリキュラー服用中の注意点

トリキュラーの服用中には、副作用については常に注意しなければなりません。
トリキュラーの服用によって発症する可能性がある副作用には、吐き気や嘔吐、下腹部痛、頭痛、めまい、腰痛、肩こり、倦怠感、発疹、蕁麻疹、不正出血、カンジダ膣炎、血栓症などたくさんあります。副作用の症状は、服用のはじめたての時期に発現することが多く、大抵はそのまま服用を続けていても問題はなく、数日程度で症状が改善されていきます。
もし、数日経っても一向に症状がおさまる気配が無いのであれば、トリキュラーを処方された医療機関で医師の判断を仰ぎましょう。
喫煙者がトリキュラーをつかって避妊を試みる場合は、1日にタバコを吸う本数を減らすか、完全に禁煙をしましょう。
これは、トリキュラーを服用した喫煙者の中に心血管系疾患を発症した者がいるためで、添付文書では35歳以上で1日に15本以上タバコを吸っている人は禁忌となっています。
ただし、実際に禁煙をしたり、喫煙の頻度を減らす際には、離脱症状のことを考慮し、時間をかけて少しずつ頻度を減らしていく必要があります。
また、トリキュラーを長期にわたって服用する場合は、6ヶ月に一度は血液検査と乳房・腹部の検査を受け、1年に一度は子宮がん検診や乳がん検診を受けるようにしましょう。
検診は婦人科が設置されている医療機関の多くで実施しており、1回受けるたびに高い検診料を支払わなければなりません。
しかし、定期的に検診を受けることは、単にトリキュラーをつかった避妊を続けられるどうかを確かめるだけでなく、自身の身体のコンディションを確認できる良い機会にもなります。
仮に検診で病変がみつかれば、すぐに治療を始めることで完治できる可能性が高くなるので、健やかに過ごしながら避妊を続けたいのであれば、検診の受診は欠かさないようにしましょう。